2018年ありがとうございました

2018年ありがとうございました
本日をもちまして、2018年のコワーキング営業が終了いたしました。
この1年間、ブルーコンパスをご利用くださったお客様、一緒に運営をサポートしてくださった曜日オーナーの皆様、様々な面でご支援くださった関係各所の皆様、本当にありがとうございました。

私がまだ会社員をしていた頃。
「起業」は、当時の私にはとても華やかな世界に見えました。

でも、そう思っていたのは一瞬で、よくよく調べてみると、
起業したけれど忙しくなるばかりで家族との時間がとれない
パートをしていたほうが稼げる
という女性起業家が非常に多い!という事実も同時に知りました。

家族や子どものために起業したのに、
忙しくなるばかりで稼げない
この状況をどうにかしようと思ったのが起業の始まりです。

あれから5年半が経過しました。
当時、一瞬だけれどキラキラ華やかに見えていた「起業」の世界が、
実は泥臭くて地味でとても大変ということを知りました。
しかし、「起業」は色々な人の想いが詰まった生き方そのものなのだなぁ。…と、今は実感しており、だからこそ多くの女性起業家を支援したいと強く考えています。

男性の起業と違い、女性の起業は目的も様々です。
バリバリ働いて稼ぎたい人もいれば、自己実現を目的とした起業もあります。
「全員が起業すべき!!」とはもちろん思いませんが、
これからの社会において女性の起業は重要な選択肢の一つになると考えています。
特にこれからは、仕事を軸に生活をするのではなく、
生活を軸に仕事を生み出していくことが女性の働き方において最も重要であり、
それができることも女性起業ならではだと考えています。

2018年はこんな思いを元に企画した女性のための起業塾「ママの起業を応援する3ヶ月間のビジネス講座」を立ち上げることができ、今まさにその講座の真っ最中です。
受講者の女性起業家の皆様は、机上の空論ではなく、最初はしんどいけれど地に足がついた・家族が応援したくなるような堅実な事業計画を一生懸命考え実践しています。
3月には「ローカルイノベーターEXPO」と題し、二俣川商業施設内にて博覧会形式で地域の方にアイデアを発表する機会もあります。
独りよがりな起業ではなく、地域や仲間とつながった起業を実践していくためには「活動場所」が必要不可欠であり、「ママの起業を応援する3ヶ月間のビジネス講座」ではその活動拠点がフタマタリバーライブラリーとなっています。
また、この経験を踏まえ、来年はブルーコンパスを活動拠点とした「家族が応援したくなるような女性起業塾」を新たにスタートさせていく予定です。

起業してから5年半が経過し、私はどれだけの女性起業家を支援してこれたのだろうか?と毎日考えています。

1000人以上の女性起業家の働き方や生き方を見て、聞いて、、、。
その間、起業をやめた人、現在も継続している人、当時の何倍も稼いでいる人、、、など多くの女性起業家がいます。
これから先も様々なことがおこると思いますが、まずは、今目の前にいる方々のために全力を尽くしていきたいと考えています。

2018年本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 株式会社ブルーコンパス
代表取締役 蜂谷詠子