SDGs達成に向けた取り組み

女性専用コワーキング「ブルーコンパス」のSDGs達成に向けた取り組み

ブルーコンパスは、持続可能な世界の実現に向け、
SDGsを踏まえた活動を通して、
社会課題の解決に積極的に取り組んでいます。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます

出典:外務省ホームページ

ブルーコンパスのSDGs活動事例

1:貧困をなくそう

あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる。

女性専用コワーキング「ブルーコンパス」のSDGs達成に向けた取り組み「1:貧困をなくそう」

現在の教育現場において、プロジェクト学習などの主体的・対話的で深い学びは、一部の限られた子どもしか取り組むことができません。

シードハウス横浜東口ブルーコンパス校では、地域企業や地域で活動する多様な大人との対話により自らのプロジェクトを推進する「マイプロジェクト」をはじめ、誰もが深い学びに取り組める環境を提供しています。

3:すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

女性専用コワーキング「ブルーコンパス」のSDGs達成に向けた取り組み「3:すべての人に健康と福祉を」

ブルーコンパスでは、女性専用コワーキングを運営しています。

コワーキングスペースでは、様々なイベントや勉強会、交流会を開催しており、現在仕事をしていない人でも、あらゆる年齢の女性が健康的な生活を送るための「活動場所」を提供しています。

4:質の高い教育をみんなに

すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

女性専用コワーキング「ブルーコンパス」のSDGs達成に向けた取り組み「4:質の高い教育をみんなに」

シードハウス横浜東口ブルーコンパス校では、大人も子どもも学ぶことができる「女性専用の学習塾併設のコワーキングスペース」を運営しています。

小学生から高校生までの女子には受験のための学習や、キャリア構築のためのマイプロジェクトなどのカリキュラムを提供し、主体的に自らのキャリアを構築できる女子を育てています。

女性専用学習塾シードハウス横浜東口ブルーコンパス校定額で5教科対応、英会話、プログラミングが学べる女性専用学習塾シードハウス横浜東口ブルーコンパス校たくさんのロールモデルにであえる

5:ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

女性専用コワーキング「ブルーコンパス」のSDGs達成に向けた取り組み「5:ジェンダー平等を実現しよう」

ブルーコンパスでは、すべての女性と女子のエンパワメントを図るための様々な取り組みを行っています。

女子専用学習塾では、女子が抑圧されずに自身の興味関心がある分野について主体的に学ぶための取り組み「マイプロジェクト」を提供しています。

また、育児や介護をはじめ様々なライフイベントによりキャリアの中断を余儀なくされた女性が、自律・チャレンジすることで能力開花できるよう、女性専用コワーキングスペース運営や、「経営スキル開発講座」「横浜女性起業ラボ」「横浜女性経営者ランチ会」など女性起業家支援を行っています。

横浜女性起業ラボ

8:働きがいも経済成長も

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

女性専用コワーキング「ブルーコンパス」のSDGs達成に向けた取り組み「8:働きがいも経済成長も」

ブルーコンパスでは、女性が自身のライフスタイルの中で、働きがいのある人間らしい仕事ができるように女性起業家支援を実施しています。

女性専用コワーキングスペースの運営を通して、ワークスペースの提供や各種スキルアップ講座・ネットワーク(仲間づくり)など、起業したい女性の起業支援や、起業後の事業継続のサポートを行っています。

12:つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

女性専用コワーキング「ブルーコンパス」のSDGs達成に向けた取り組み「12:つくる責任 つかう責任」

ブルーコンパスでは、女性専用コワーキングスペースを運営することで、消費者動向調査を行うなど持続可能な消費・生産パターンを確保しています。

今後多くのベンチャーを排出する拠点として、これから排出されるベンチャーが、社会課題の解決につながるビジネスプランを構築できるよう、行政・地域企業と連携をしながら、女性起業家支援を行っています。

17:パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

女性専用コワーキング「ブルーコンパス」のSDGs達成に向けた取り組み「17:パートナーシップで目標を達成しよう」

現在、地域で活動する女性起業家と地域企業・行政は断絶されており、個々に地域課題の解決に取り組んでいます。

ブルーコンパスは地域のハブとして、地域で活動する多世代・異業種のコラボレーションを行い、地域に関わる行政・企業・起業家・大人・子ども・全員で地域課題を解決できる取り組みを行っています。