APEC BEST Award2020 にノミネートされました

APEC BEST Award2020 にノミネートされました

ブルーコンパス取締役の小林コトミが、APEC BUSINESS EFFICIENCY AND SUCCESS TARGET (BEST) AWARD 2020で女性リーダー日本人代表としてノミネートされたことを、ご報告申し上げます。

「APEC BUSINESS EFFICIENCY AND SUCCESS TARGET (BEST) AWARD」とは

APEC Business Efficiency and Success Target (BEST) Award とは、APEC域内における⼥性の起業家やリーダーたちのネットワーク構築、ビジネスの拡大、メディアへの認知促進など、2016年からロシア主導で行われています。

今年のテーマは「パンデミック後の回復における女性のビジネスリーダーシップ」です。

この度、内閣府 男女共同参画局の推薦により、APEC BUSINESS EFFICIENCY AND SUCCESS TARGET (BEST) AWARD 2020の以下テーマにおいて、株式会社ブルーコンパス 取締役 小林コトミが、日本代表としてノミネートされました。

  • 7. The Best Top Manager in post-pandemic economy(separate competition)
  • テーマ:“ WOMEN BUSINESS LEADERSHIP IN POST-PANDEMIC RECOVERY”(パンデミック後の回復における女性のビジネスリーダーシップ)

APEC BUSINESS EFFICIENCY AND SUCCESS TARGET (BEST) AWARD 2020 はオンラインでの開催となります。

■開催日:2020年11月12日13日

 

この中で、女性リーダー日本人代表として、ブルーコンパスが創業以来取り組んでいる「女性が活躍でき、女性が大きな役割を担える社会」をどのように実現していくか、またWithコロナ時代を乗り切るために、女性社会がどのようにあるべきかをお話します。

今回の推薦理由がブルーコンパスの活動とも合致しているということで、ブルーコンパスの活動が国際的にも求められているということを強く感じました。
今後も多くの女性活動・活躍を支援する施設として引き続き運営をしてまいりたいと思います。

株式会社シードハウス 代表取締役 小林コトミ
株式会社シードハウス
代表取締役
株式会社ブルーコンパス
取締役
小林コトミ
  • 2015年10月株式会社Manabelle(マナベル)を設立、代表取締役へ着任
  • 2016年2月誰でもプログラミングを学べるアプリ「codebelle(コードベル)」をリリース。
  • 2018年株式会社Manabelleの代表取締役から取締役へ。
  • 2018年株式会社シードハウスを設立、代表取締役着任。コワーキングスペースを兼ねたプロジェクト型学習塾を運営。
  • 2018年株式会社ブルーコンパスを設立、取締役に着任。女性専用コワーキンングスペース・女子専用学習塾を運営。
  • 2018年株式会社ブルーコンパス が「「神奈川なでしこブランド2019」に認定
  • 2019年株式会社シードハウス、株式会社ブルーコンパス が「かながわSDGsパートナー」に認定

<Awards>

  • 2014年湘南ビジネスコンテストにて準大賞、ナデシコ賞受賞。
  • 2016年AppStore「Best of 2016」に選出、アメリカ本社にて副社長にプレゼン
  • 2019年 内閣府主催 女性のチャレンジ賞 特別部門賞受賞
  • 2020年東京都女性ベンチャー成長促進事業 APT Womenに採択