「かながわSDGsパートナー」に認定されました

「かながわSDGsパートナー」に認定されました

ブルーコンパスは「かながわSDGsパートナー(第3期)」に認定されましたことをご報告申し上げます。

「かながわSDGsパートナー」とは

SDGsの推進に資する事業を展開している企業・団体等の取組事例を県が募集・登録・発信するとともに、県と企業・団体等が連携してSDGsの普及促進活動に取り組む。

  • SDGs推進に資する事業を展開している県内企業・団体等が県に応募
  • 県がSDGs推進の目的、取組内容等を審査のうえ「かながわSDGsパートナー」として登録。登録期間は2年間(更新可)
  • セミナー等様々な機会や媒体を通じて登録企業等と県が連携してSDGsの推進をPR

神奈川県は2018年、2019年にそれぞれ県および県内市が「SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業」として国から選定されされており、国内でも特にSDGsに力を入れている自治体の一つです。

  • 2018年選定:神奈川県、神奈川県横浜市、神奈川県鎌倉市
  • 2019年選定:神奈川県川崎市、神奈川県小田原市

そのような中で、神奈川県は企業におけるSDGs推進の裾野を広げることを目的に、2019年に「かながわSDGsパートナー」制度を立ち上げました。
2020年6月現在、第3期までの認定を終えており、合計263社が認定を受けています。

ブルーコンパスかながわSDGsパートナーに認定

株式会社ブルーコンパスは、2020年4月に発表された第3期にて認定されました。
新型コロナウィルスの影響により、前回開催された登録式は中止となりましたが、神奈川県より認定証や「かながわSDGsパートナー」ピンバッチをお送りいただきました。

ブルーコンパスかながわSDGsパートナーに認定

ブルーコンパスでは「SDGs達成に向けた取り組み」をHP上で公開しています。

ブルーコンパスは多様な女性の多様な活動を支援する施設として、女子生徒から女性起業家まで女性のキャリアを広くサポートしています。
そのような中で、経済、社会、環境、ガバナンスにおいて実施してきた我々の活動が、このような形で評価されたことは大変光栄です。
今後も行政と共にSDGs達成に向けた取り組みを行ってまいります。

ブルーコンパスがSDGsで目指すもの

また、「かながわSDGsパートナー」第4期募集は2020年夏~秋頃を予定しているとのことです。
SDGsに取り組む事業者の皆様は、神奈川県HPをご覧ください。

最後に、この認定は我々の力だけでとれるものではなく、我々の活動を実施する上でご協力くださった多くの皆様のお力のおかげだと思っています。

いつも本当にありがとうございます。
今後ともブルーコンパスをよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社ブルーコンパス
代表取締役 蜂谷詠子